ウーマン

更年期障害を改善|治療ができる病院に行こう!

メニュー

上手に乗り切るために

婦人

更年期障害とは、ホルモンバランスの崩れによって生じる精神的・身体的不調のことで、自律神経失調症のひとつだと考えられています。この更年期障害は年配の人だけではなく若い人にも現れうる症状で、常日頃からストレスをため込まないような規則正しい生活を送ることが大切です。

詳しく見る

婦人科とは別のメリット

女医

更年期障害の症状緩和には女性ホルモン補充療法が有効だといわれています。女性ホルモン補充療法は婦人科だけでなく内科でも受けることができます。女性ホルモンの減少はコレステロールの状態を悪化させ動脈硬化の原因ともなるため、内科でそうした点についても検査してもらえば安心です。

詳しく見る

更年期でも元気に過ごせる

悩む女性

1週間で症状が改善する

更年期障害の症状を早く改善できるため、病院で行われているホルモン補充療法を受ける女性が増えてきました。辛い症状も治療を始めると1週間程度で軽くなってゆき、治療を続けると更年期障害の症状で日常生活に支障をきたすこともなくなります。ホルモン補充療法は更年期外来などを設けている医療機関で受けることができ、健康保険も適応になります。治療方法としては女性ホルモンが含まれている貼り薬を下腹部に貼る方法や、飲み薬を服用する方法などがあります。貼り薬を用いた治療が一般的ですが、肌が弱い人の場合には飲み薬が処方されることになります。また貼り薬のかわりにジェルを用いて治療する場合もあります。治療を開始する最も良い時期は閉経直後で、楽に更年期を乗り越えられます。

リラックスするのも大切

更年期障害の症状が重たくなる人は、まじめな性格でストレスを抱え込みやすい人が多いのですが、これはストレスが自律神経の働きを悪くするからです。ホルモン補充療法などの治療を受けるほかに、自分でもリラックスできることを増やしてストレスを軽減することが大切です。更年期障害の症状の1つに体のだるさや気持ちの落ち込みなどがあります。まじめな人はこういった自分を許せずもっと家事や仕事をしなければと自分を追い込みがちですが、更年期は体が大きく変化する時期なので自分の心と体を労わることが大切です。また更年期になると睡眠の質が悪くなり夜よく眠れなくなったという人も多いのですが、ホルモン補充療法を受けることでそういった悩みも解消できます。

更年期の不調を治す

顔を覆う女性

更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し自律神経の調整がうまくいかなくなることで起こるとされる。治療は婦人科や内科で行われ、ホルモン補充療法(HRT)とプラセンタ療法がある。両方とも高評価だがHRTは既往症によっては不可なことがあり、プラセンタ療法は保険適用が少ないため注意が必要である。

詳しく見る