婦人

更年期障害を改善|治療ができる病院に行こう!

上手に乗り切るために

婦人

年配の女性だけじゃない

更年期障害とは、体内のホルモンバランスが崩れることが原因で生じる身体的・精神的不調のことを言い、自律神経失調症のひとつだと考えられています。この更年期障害は卵巣の機能が衰え始めて、女性ホルモンの分泌が少なくなる閉経前後の時期に特に生じやすい症状です。個人差はありますがだいたい45歳〜50歳くらいの間に症状が現れることが多いようです。この更年期障害は年配の女性がなりやすいというイメージを持っている方も少なくないと思います。実際のところ、更年期障害の患者さんは50歳前後の女性が多いのも確かですが、実を言うと最近では若い人でもこの更年期障害が現れるようになってきていて、なかには男性で症状が現れている人もいます。

ストレスをためないように

更年期障害の主な症状は身体的なものだと突然の発汗、精神的なものだと強いイラだちや重だるさになります。この更年期障害による症状には個人差があり、不調をほとんど感じない人たちもいれば、日常生活に支障が生じるくらいの重い症状が出てしまう人たちもいます。更年期障害を乗り切るためにはいかに上手にストレスと付き合うかがポイントになります。更年期障害はホルモンの減少が大きな原因だと言われていますが、それと同じくらいストレスの有無が大きく関わっているとも言われています。医療機関で医師に相談をすることも大切ですが、それと同時に規則正しい生活を心がけ、身体を動かすなどして日頃からストレスをためないようにしておくことが更年期障害と上手に付き合っていくコツになります。